相続手続きの手順について

相続手続き相談 大阪室


このウェブサイトを見つけていただき、
ご訪問くださいまして、ありがとうございます。

行政書士、CFP(R)認定者の松本です。

相続は、人の死亡によって、
発生するものです。
ですから、相続手続きが始まるのは、
あなたにとって大切なご親族が、
亡くなられた事を意味します。

心の疲れが癒えないままに、
相続手続きを進めていかなければなりません。

相続手続きには、
期限を設けている事項が、
存在していますので、
その期限を注意しながら、
なおかつ、日常生活を営みながら、
相続手続きを進めていきますので、
精神的な負荷は、相当重く感じられます。

被相続人の遺言書の有無を、
確認することが大切です。
遺言があれば、その遺言に従って、
相続手続きを進めていくことになります。

相続人を確定させていきます。
相続放棄などは、相続を知った時、
知ることができる状況にあった時から、
原則として3か月以内に、
手続きしなければなりません。
相続放棄者は、相続人にはなりません。
遺産分割協議の参加者にもなりません。

預貯金、土地建物、有価証券等、
遺産の範囲を確定算定する作業があります。

その後、具体的な相続分について、
決めていくことになります。

あなたが、どの段階で、
お困りになっているのかを明確にして、
取り組ませていただいております。

相続手続きのご相談依頼や、
遺産分割協議書の作成を、承っております。

ただ、あなたがすでに、
家庭裁判所の調停等の手続き中の場合は、
受任することを差し控えさせていただきます。
あらかじめ、ご了承ください。

相続手続き。
そのプロセスの中における、
あなたのお困り事をお聞かせください。
あなたの言い分をお聞かせください。

こちらにある、お問い合わせ・ご予約フォーム を、
是非、利用していただきたいと思います。

相続手続きにおきまして、
相続手続き相談 大阪室 が、
あなたのお力にならせていただければと考えております。


 大阪府行政書士会 東大阪支部
  行政書士 松本仁孝
 
 
Copyright(C) 2010-2017 行政書士 松本仁孝事務所 All Rights Reserved.

このウェブサイトの内容すべてについて、
無断複製・無断転載等を禁じます。



Google
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。